Google管理コンソール
Google管理コンソール

Google Workspaceのサービスとユーザーを一元管理

Google管理コンソール

Google管理コンソールとは? メリット、機能、価格について

Google管理コンソールでは、Google Workspaceのすべてのアプリケーションに関する設定を一元管理することができます。管理者は、データの移行や人事異動が必要になった際に、直感的なインターフェースでいつでも簡単に管理ができるため、組織のデータやユーザーのセキュリティを確保できます。

Google管理コンソールの主な機能

ユーザーアカウントの管理

管理者権限を持つユーザーは、管理コンソールでユーザーアカウントの追加や削除、特定の組織部門へのユーザーの追加、ユーザーに管理者権限の割り当てなどを行うことができます。必要に応じて、アクセスできる情報や実行できる操作を、ユーザーごとに制限することもできます。

グループを作成する
グループを作成する

グループを作成する

管理コンソールでは、「グループ」を設定し、チーム用のメールアドレスを生成できます。グループのメンバーはそのメールアドレスあてに受信したメッセージの閲覧や、グループメールアドレスを使用してメッセージの送信を行うことができるようになります。また、社内の部署ごとに異なる連絡を送信したり、特定のグループに属する複数のユーザーに一括でメールを送信するのにも便利です。

グループを作成する

監査ログ

Google Workspaceユーザーのアカウントステータス、メール履歴など、社内でのGoogle Workspaceユーザーの使用状況を管理コンソールで監視し、潜在的なセキュリティリスクを防止および排除できます。ユーザーアカウントと管理者アカウントの両方のアクティビティは、監視および保持することができます。

監査ログ
セキュリティ機能

セキュリティ機能

Google Workspaceのセキュリティポリシー設定により、2段階認証の義務付けやパスワードの強度を指定することで、内部セキュリティを強化することができます。「2段階認証」は、アカウントへの不正アクセスを防止します。「パスワード強度の設定」では、ユーザーに複雑なパスワードの使用を要求したり、パスワードの長さを指定したり、重複するパスワードの使用を禁止することができます。

セキュリティ機能

アプリケーション管理

Google Workspaceアプリケーションに関する設定を管理できます。エディション共通のコア機能として、Gmailの送受信相手の許可リストまたは拒否リストの登録や、あるユーザーがオーナーになっているドライブ上のファイルを別のユーザーに所有権移譲する操作、ユーザーが予約できるGoogleカレンダーの共有リソース(会議室など)の登録が可能です。

アプリケーション管理

Google管理コンソールを利用するメリット

ワンストップで一元管理

インターネットに接続できる機器であれば、追加ソフトウェアのインストールや他のインターフェースへのログインを必要とせず、すべての監視操作をブラウザウィンドウで行うことができます。Google Workspaceは常に自動でアップデートされるため、最新バージョンを使用するのに、面倒な更新作業は必要ありません。

厳重にセキュリティ管理されたアカウント

ユーザーがアカウントにログインした時点から、そのユーザーがアクセスできるアプリケーションなどが全て制御されています。Gmailを使用する際には、DKIMを設定しメールのセキュリティを高めてなりすましを防止することができます。また、個人のモバイルデバイスによるユーザーアカウントへのアクセスを制限したり、特定のデバイスからのログインをブロックすることも可能です。

トータルコストの低減

Google Workspaceは自動アップグレードと機能拡張を提供しており、Googleが公式に新しい機能セットや修正をリリースすると、お客様は手動で調整したり更新することなく、直接サービスにアクセスすることができます。ユーザー間の互換性の問題を心配する必要もありません。そのため、ソフトの追加購入やインストール、アップデート、メンテナンスなどのコストがかかりません。

Google管理コンソールの無料アカウントと有料アカウントの違いについて

無料アカウントには管理コンソールが無い

無料版のGoogleアカウントには管理コンソールがなく、また設定のコントロールやデータの所有権はすべて個人に帰属します。管理コンソールはGoogle Workspaceの有料版のみに付属しているもので、組織内のすべてのユーザーアカウントのコントロールや、ドライブに保存されたデータの所有権は組織に帰属します。組織内の複数のユーザーに管理権限を与えることができ、「特権管理者」を割り当られたユーザーは最も強力な権限を持ちます。

無料版のアカウントには、24時間365日のサポートサービスが無い

無料版のアカウントには、公式のサポートサービスはありません。Google Workspaceの管理者は、管理コンソールのインターフェースからGoogleに直接、電話・チャット・電子メールで問い合わせることで、無料のオンラインサポートを受けることができます。

Google管理コンソールを使用するのに、追加料金はかかりますか?

Google Workspaceには、管理コンソールがデフォルトで用意されています。管理者権限を持つアカウントにログインするだけで、管理コンソールにアクセスし、追加料金無しで管理を行うことができます。

Google管理コンソールの機能は、エディションによって異なるか?

はい、高度な機能は、アカウントのエディションによって利用の可否が異なります。

  Business Starter Business Standard Business Plus Enterprise Essentials Enterprise Standard Enterprise Plus
セキュリティ調査ツール
コンテキストアウェアアクセス
ドライブの監査とレポート
ドライブユーザーの共有権限設定
有害な添付ファイルを検出するルールの設定(セキュリティサンドボックス)
セキュリティダッシュボード

まずは無料トライアルから!

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)