3ステップで完了!
企業向けGmailを簡単に設定可能

Google Workspace(旧G Suite)

企業向けGmailを設定する3つのステップ

ステップ1

Googleワークスペース(旧G Suite)を申し込む

Google Workspace(旧G Suite)の公式サイトにアクセスし、14日間の無料トライアルを申し込むことができます。 Google公式サイト
※Google Workspace(<旧G Suite)を申し込むには、独自のドメイン(貴社>.jp)が必要です。ドメインをまだ所有していない場合は、次の国内ドメイン販売サービスから購入できます。

お名前.com:
https://www.onamae.com/
Xserver:
https://www.xserver.ne.jp/
SAKURA internet:
https://domain.sakura.ad.jp/
ムームードメイン:
https://muumuu-domain.com/

ステップ2

ドメイン所有権を証明する

Google Workspace(旧G Suite)を申し込んだ後、Gmailを含むすべてのGoogle Workspace(旧G Suite)サービスを利用するためには会社のドメイン(”<貴社>.jp”など)を所有していることを、Googleに対して証明する必要があります。

証明方法:

  1. ドメインのDNSにTXTレコードを追加する
  2. ドメインのDNSにCNAMEレコードを追加する

ステップ3

MXレコードを変更して、ドメインのメール受信サーバーを切り替えます。

ドメインの所有権が確認できたら、DNSでMXレコードを変更します。MXレコードが有効になるには、最大48時間かかりますので、しばらくお待ちください。
【注意】この操作を行うと、これまで利用していたメールサーバーにはメールが届かなくなり、Google WorkspaceのGmailへの受信が開始されます。必ずドメインのメールアドレスをすべてGoogle Workspaceに登録し、Gmailでメールを受信する準備ができてから、設定を行ってください。従来のメール環境を引き続き利用する場合は、この手順をスキップしてください。

ホスト TTL(Time to Live)* レコードタイプ 優先値 値/応答/参照先
空白または @ 3600 MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @ 3600 MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @ 3600 MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @ 3600 MX 10 ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @ 3600 MX 10 ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM

参照:Google Workspace(旧 G Suite)のMXレコードを設定する

お客様のドメインアドレスがスパムと判定されたり、お客様の会社のメールが拒否されたりすることを防ぐために、DNSバックエンドにSPFを追加することを強くお勧めします。受信者は、SPFレコードを参照することで、そのメールが実際に認可されたメールサーバーから配信されたかどうかを判断することができます。

今後Google WorkspaceのGmailのみからメールを送信する場合には、次の内容でTXTレコードを登録してください: v=spf1 include:_spf.google.com ~all 【注意】 すでにSPFレコードが登録されている場合や、Googleのサーバー以外からドメインのメールを送信する可能性がある組織では、SPFレコードをカスタムして登録する必要があります。詳しくは以下のヘルプページを参照してください。

参照:SPFレコードについて

設定後、Google Workspace(旧G Suite)の管理コンソールでサービスを開くことができます。

セットアップ完了

試用期間終了後のに支払い方法を選択する

  Googleから直接購入 TSクラウドから購入
価格(月額) ¥680 ¥590
消費税 10%
Gmail、Google ドライブの容量 30GB
企業独自のメール
Googleドライブ、ドキュメント
スプレッドシート、スライド
99.9%の正常な動作を保証
Googleサポートチームによる24時間365日のサポート
日本語サポートサポート
請求書が発行されるか  
銀行振込  

14日間の試用期間終了後、継続して利用する場合は、支払い方法を選択する必要があり、以下の2つの支払い方法から選択することができます。

オプション1:Googleから直接購入し、クレジットカードで支払い(請求書はなし)

Googleから直接購入する方法を選択し、クレジットカード情報を入力すると、今後自動的に引き落とされます。現在、Googleはクレジットカード決済のみ対応しており、請求書の発行や銀行振込には対応しておりません。

オプション2:日本のGoogleパートナーから購入し、請求書を受け取る

請求書が必要な場合は、日本のGoogleのパートナーを探して購入することができます。

【限定】新規顧客向け特別価格

Google Workspace(旧G Suite)の新規顧客先20社には、最初の12カ月間は特別価格で提供し、12カ月以降はすべてのユーザーが標準価格で課金されます。

詳しくは「Google Workspace(旧G Suite)製品価格について」をご覧ください。

企業向けGmailの設定に失敗していませんか?

専門スタッフの助けを借りる

上記の手順がうまくいかず、貴社にIT担当者がいない場合は、専門スタッフの助けを借りることをお勧めします。

•  導入前相談サービス
•  セットアップサポート
•  導入後の技術サポート

これらにより、自分で調べることなく、3営業日以内に企業向けGmailにログインすることができるようになります。

詳細:Google Workspace(旧G Suite)アクティベーションサービスについて