無償版G Suiteが廃止へ。コストを抑えてGoogle Workspaceへアップグレードする方法

Googleが無償版G Suite(旧Google Apps無償版、G Suite legacyとも呼ばれる)の提供を7月1日で終了すると発表しました。(現在は8月1日に期間が延長されました。)期日までに有料版であるGoogle Workspaceへのアップグレード手続きを完了させないと、サービスを利用できなくなります。無償版G Suiteの利用中の方は、アップグレードの検討を早めに始めることをオススメ致します。

アップグレードはGoogle Workspaceの正規代理店である「TSクラウド」にお任せください。TSクラウド経由でご購入いただけますと、12ヶ月間は割引価格でご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

TSクラウドに問い合わせる

無償版G Suiteが2022年8月1日で完全に終了

Googleは2022年1月20日、Googleが無償版G Suite(旧Google Apps無償版)の提供を終了すると発表しました。2022年8月1日までが猶予期間として設定されており、該当のユーザーは現在Googleが提供しているしているGoogle Workspaceへのアップグレードを求められています。

参考:従来の無償版 G Suite からのアップグレード(Google Workspace公式)

無料版を続けて使う方法はなく、有料のGoogle Workspaceの利用が必須

Googleの公式発表によると、2022年8月1日以降は完全にG Suiteを使用することはできなくなります。有償版のG Suiteも2020年10月6日にGoogle Workspaceにリブランディングされているため、同様のサービスを利用しようとすると、有料のGoogle Workspace一択になります。

Google Workspaceはリリースされて以来、300を超える様々な新機能が追加されており、Googleが重要な投資対象としていることがわかります。この事実からも無償版のG Suiteよりも利便性は上がっており、充実した機能を有したグループウェアに進化していると言えるでしょう。

無償版G Suite(旧Google Apps無償版)の経緯

現在Googleが提供している「Google Workspace」は、もともと2006年からに開始した「Google Apps for Your Domain」という名のサービスで、開始後もしばらくはベータ版として無償提供がされていました。その後、有料版が提供され、無償で使えるユーザー数も減少していき、2012年には新規受付を停止しています。

しかし、新規受付を停止してG SuiteがGoogle Workspaceにリブランディングされた後も、無償版G Suite(旧Google Apps無償版)は10年間の無償提供が続けられていましたが、今回のG Suiteの停止に伴って遂に終了することになりました。

Google Workspaceへのアップグレードに際しての注意点

Google Workspaceへの切り替え手続きをするタイミングで、状況が変わってきますので、十分に注意して計画を立てていただけるようお願い致します。

Google Workspaceへのアップグレードに際しての注意点

注意点① 8月1日までにアップグレード手続きをしないと一時停止する

遅くとも2022年8月1日までに切り替えの手続きをしないと、一時停止されてしまいます。そして一時停止のまま60日が経過すると、Gmail、Googleカレンダー、MeetなどGoogle Workspace のコアサービスが利用できなくなります(その他のYouTubeやGoogleフォトなどのGoogleサービスは利用可能)。停止してしまっても、お支払いの手続きをすれば、アカウントを復元することが可能です。

注意点② 8月1日までにアップグレードすれば、それまで無料で有料版を使える

8月1日よりも前にGoogle Workspaceにアップグレードを行っても、実際に課金が開始されるのは8月1日以降です。それまでは有料のGoogle Workspaceを無料で使える期間となります。もしアップグレードを迷われていたとしても、無料期間中にお試しいただくことが可能です。早めにアップグレードを行っても損をすることはありません。

注意点③ 6月1日までにアップグレードをしないと自動切替される

6月1日までに切り替えを行わなかった場合、Google Workspaceに自動切り替えが行われます。プランは現在ご利用になっている機能に基づいて、自動的に選択されますので、ご注意ください。

Google Workspaceにアップグレードしない場合は?

Google Workspaceに切り替えない場合は、これまで蓄積してきた組織のデータをGoogleが提供しているエクスポートツールを使用してエクスポートすることができます。しかし、エクスポートを行うことはできてもGoogleアカウントを同じように再構築するのは困難で、非現実的と言えるでしょう。

Google Workspaceのプラン・価格

Google Workspaceには6つのプランがあり、機能や価格が異なります。以下に比較表を記載しますが少々複雑なため、選択の際にはGoogle Workspaceの専門家に相談することをオススメします。

また、TSクラウド経由でご購入いただけますと、12ヶ月間は割引価格でご利用いただけます。Google WorkspaceへのアップグレードはGoogle Workspaceの正規代理店である「TSクラウド」にお任せください。

TSクラウドに問い合わせる

  Google Workspace
Business
Starter
Google Workspace
Business
Standard
Google Workspace
Business
Plus
Google Workspace
Enterprise Essentials
Google Workspace
Enterprise Standard
Google Workspace
Enterprise Plus
Google公式料金(月額) 680円 1,360円 2,040円 (お問い合わせ下さい) (お問い合わせ下さい) (お問い合わせ下さい)
利用可能人数 300人 300人 300人 無制限 無制限 無制限
技術サポート 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日
ストレージ容量(1ユーザーあたり) 30GB 2TB
(プール)
(4人以下の場合は1TB)
5TB
(プール)
(4人以下の場合は1TB)
1TB
(プール)
必要に応じて拡張可能
(4人以下の場合は1TB)
必要に応じて拡張可能
(4人以下の場合は1TB)
Google Vault
Google Meet ビデオ会議
Meet ビデオ会議への最大参加者数 100人 150人 500人 150人 500人 500人
Meet ライブストリーミングの最大視聴人数 10,000人 100,000人
Meet 録画機能
Gmail
Googleカレンダー
ドキュメント、スプレッドシート、スライド
Chat
Cloud Search
共有ドライブ
エンドポイント管理
デバイス監査ログ
データ損失防止(DLP)
Appsheet

TSクラウドとご契約いただくメリット

価格の透明性・業界トップクラスの価格設定

Goole公式価格に準じた割引価格を設定しております。費用を明確化し、透明性のあるお見積りをスピーディーに作成いたします。

完全フルリモートでの導入支援が可能

Google Workspaceの導入支援をフルリモートで行うことが可能です。コロナ禍における在宅ワークをされている方も、非接触で安心して導入を進めることができます。

Googleとの直接契約では不可の請求書払いに対応

Googleとの直接契約では行うことができない「請求書払い・領収書発行」に対応しており、日本の商習慣に合わせたサービスを行っております。

ITに詳しくなくても安心のサポート体制

ITに詳しくない方でもスムーズに導入ができるよう、専門スタッフがサポート致します。また、導入後も不明点があればご回答させていただきます。

※この記事は転載してご利用いただけます。内容はニュースに応じて更新していきますので、転載の際はリンクを貼っていただくことをオススメします。

その他の最新ニュース