コンテキストアウェアアクセスを使用して管理コンソールへのアクセスを保護できるように

コンテキストアウェアアクセスを使用して管理コンソールへのアクセスを保護できるように

Google Workspace正規代理店のTSクラウドでは、最大13%割引で提供しております。割引には条件もございますので、価格表をご覧いただくか、お問い合わせから見積り依頼をお願い致します。他社様からの契約乗り換えにも対応しています。

TSクラウドに見積依頼をする


コンテキスト(状況)に基づくアクセスルールを管理コンソールに適用できるようになりました。アクセスルールを使用することで、ユーザーやデバイスのコンテキスト認識情報に基づいて、管理コンソールへのアクセスを制御できます。たとえば、IPアドレス、デバイスの最小オペレーティングシステムバージョンといったさまざまな情報に応じて制限をかけることが可能です。これにより、組織のセキュリティ対策を強化できるほか、管理コンソールへの誤アクセスが発生するリスクを下げることができます。

対象プラン

  • Enterprise Essential
  • Enterprise
  • Enterprise Plus

注意点

・管理者:ヘルプセンターにて、コンテキストアウェアアクセスの概要管理コンソールに対するコンテキストアウェアアクセスの管理の詳細についてご確認ください。

・エンドユーザー:エンドユーザーへの影響はありません。

提供時期

・即時リリース/計画的リリースを利用しているドメイン:2022年4月11日以降、段階的に展開(最長15日で機能が実装されます)

《参照》
GoogleWorkspace管理者用ヘルプ:コンテキストアウェアアクセスの概要
GoogleWorkspace管理者用ヘルプ:管理コンソールに対するコンテキストアウェアアクセス

まずは無料トライアルから!

               

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)