Google Workspaceのコスト(約8,160円/年)に支払う価値はあるか?

過去10年以上のGoogle Workspace販売経験と、毎月100社以上の企業からのGoogle Workspaceについてのお問い合わせ内容を見ると、どの企業の方も共通してGoogle WorkspaceをGmailだと思っているようです。 そのため「Gmailを使うだけで年間8,160円は高すぎる」という声をよく耳にします。

事務所に行き、ワードとエクセルを開き、 データを完成させてOutlookに添付して送信

上記の見出しを見て「懐かしい」と感じたのであれば、既にGoogle Workspaceなどのクラウドベースのソフトを使って仕事をしているでしょう。 「事務所に行き、ワードとエクセルを開き、データを完成させてOutlookに添付して送信」という作業が日常的に行われている場合、「年間8,160円は高い」と考えている企業で働いている可能性があります。

実際、私達の日常生活はスマートフォンの普及でどんどんクラウド化が進んでいますが、働くオフィスはまだまだ発展途上です。

Email

仕事でメールを使う機会が減ってきています

この事実は、常にメールを使って連絡をしている人にとっては、信じられないことかもしれませんが、Google WorkspaceやOffice 365を使いこなしている人にとっては当然のことでしょう。対外的なコミュニケーションではメールで行うかもしれませんが、社内のコミュニケーションツールとしてメールを使うことはほとんどないと思います。

Google Workspaceは「Gmail for Business」ではありません。 もちろん今でも仕事でメールは使いますが、便利な他のコミュニケーションツールが増えてきた今、メールだけで仕事をしている人は少なくなってきています。最近では、メールの送受信だけでなく、ファイルの共有やインスタントメッセージの使用、オンライン会議の実施などにGoogle Workspaceを利用することが一般的になっています。

Email

Google Workspace(旧G Suite)の年間8,160円で本当の「便利さ」を買う

Google Workspaceを利用する人は、年間8,160円で「便利で効率的なオフィス環境」を整えることができます。Google WorkspaceやOffice365を使うオフィス環境で働いている人が周りに増えてきていますが、その人に「前の環境に戻れるか?」と聞いてみると、答えは間違いなく「いいえ」でしょう。それがこの便利さを裏付けている証拠です。

どうせEmailしか使わないし、年間約8,160円も払えない

Google Workspaceを検討されないことをお勧めしますが、他にも非常に安価で使い放題のメールサービスはたくさんあります。

1人あたり年間8,160円のGoogle Workspace(旧G Suite)を全員分を買うのは、もったいないか?

「社員の生産性を上げるために、Google Workspaceを導入したいと考えていますが、社員の全員分を購入するのはもったいないのでは?」と考える企業もあるでしょう。工場の管理部門や大型チェーン店の本部など、効率性が求められる特定の部署やチームでしか利用しないという企業もあると思います。 現在の技術では、異なるシステムを並行してGoogle Workspaceを動作させることができるようになっているので、一部の社員がGoogle Workspaceを使って業務を行い、他の社員は既存のメールサーバーを使ってメールの送受信を行うことも可能です。 したがって、社員全員分のGoogle Workspaceのアカウントを購入する必要はなく、必要な部署のために購入するだけで済みます。

無料でトライアルできますか?

はい、30日間の無料トライアルをお試しいただくことが可能です。弊社の専門スタッフまでお問い合わせください。Google公式では14日間のトライアルしか提供していませんので、ご注意ください。

まずは無料トライアルから!

               

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)