Googleドライブ
Googleドライブ

企業向けに設計されたクラウドストレージ

Googleドライブ

Googleドライブとは?機能、メリット、価格、無料アカウントとの違い

Googleドライブのユーザーは、Googleドライブ上の様々なファイルにアクセスでき、インターネットにアクセスできる限り、ローカルコンピュータに保存したりバックアップを取ったりする必要はありません。緊急時にファイルを見る必要がある場合でも、会社に戻ったり、特定のパソコンを使う必要はなく、スマホからファイルを見ることができます。

Googleドライブの主な機能

アクセス

Googleドライブは、データをクラウド上に保存するため、インターネット環境がればどんなデバイスや場所からでもファイルの閲覧や編集が可能です。パソコンにソフトウェアをインストールすることなく、アップロード、ダウンロード、編集、共有のすべてを1つのブラウザで行うことができます。一時的にインターネットに接続できない状態でも、オフラインアクセスを有効にすれば、ネットに接続しなくてもファイルを開いたり編集したりすることができます。

ファイルのセキュリティに関しては、基本的な転送の暗号化に加え、Googleはファイルを共有する際にマルウェアやインターネット詐欺の有無を積極的にスキャンし、これらを検知した場合はファイルを削除します。データ損失防止の仕組みでは、ファイルに機密情報が含まれていないかスキャンし、機密情報が含まれている場合は、外部からのアクセスを無効化することも可能です。

アクセス
コラボレーション

コラボレーション

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドは、複数のユーザーがオンラインで同時に編集できるため、ファイル作成のスピードを飛躍的に向上させます。ファイルやフォルダを誰かに共有する際に、ユーザーごとに「閲覧のみ」、「コメント可能」、「編集可能」の権限を割り当てることもできます。また、各ファイルには編集履歴が自動的に残るため、ユーザーごとの操作の記録を把握するだけでなく、過去の版に戻すことも可能です。

また、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointをGoogleドライブ上にアップロードすれば、そのまま編集することが可能です。また、編集したファイルは、Word、Excel、PowerPoint、PDFでダウンロードすることもできます。

コラボレーション

検索

Googleドライブは、検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードに言及したファイルを自動的にフィルタリングする高機能な検索機能を備えています。キーワードだけでなく、ファイル形式、含む単語、ファイルのオーナー、ファイルの権限、更新日などによる高度な検索も可能です。

ユーザーのファイルの検索時間を短縮するために、GoogleドライブはAIを利用してユーザーが探しているファイルを予測し、その時点でユーザーにとって最も関連性の高いファイルをリストアップする「優先ファイルセクション」を採用しています。これにより、ファイルの検索やチーム間での共同作業のプロセスを高速化しています。

検索

Googleドライブを利用するメリット

インターネットに接続できる環境であれば、どこにいてもファイルの閲覧や編集が可能で、他のユーザーとの共同作業ができます

ファイルをクラウドに置くことで、コンピュータのローカルディスク容量を解放し、ハードウェアの維持コストを節約します

いつでも自動的にファイルを保存するので、突然の停電やクラッシュの際にもファイルを失ったり、内容を変更する心配がありません

クラウドストレージでは、ファイルを自動的に暗号化してスキャンしているので、データのセキュリティを強化し、機密データの漏洩を防止することができます

ファイルへのアクセス権をコントロールすることができるので、セキュリティを維持しながらの共有が可能です

キーワード検索で必要なファイルを瞬時に探し出せるので、データを探す時間を削減できる

Googleドライブの無料アカウントと有料アカウントの違いについて

ストレージ容量

無料の個人アカウントは、1アカウントあたり15GBのストレージしかありませんが、有料の企業アカウントは、Business Starterで30GB、アップグレードでさらに容量を増やすことが可能です。 (Forntlineを除く)

データの所有権

無料版のアカウントでファイルを作成した場合、その所有権は個人であり、企業はコントロールできません。有料版の企業アカウントでファイル作成を行うと、そのファイルは企業の所有物となり、作成者が退職しても引き続き会社の所有物となり、ファイルが消えることはありません。

グループ化

有料アカウントは、個別の担当者権限を追加することなく、一度に異なるグループへ共有できる「グループ」機能を持つことができます。また、すべてのクラウドファイルをデフォルトで全社に公開し、メンバー全員が検索・閲覧できるようにすることも可能です。

Googleドライブの機能はエディションによって差があるか

すべてのエディションにGoogleドライブは含まれていますが、エディションによってストレージ容量が異なります。容量の違いは下表をご覧ください。
注意事項として、Business Standard、Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plusをご利用で、ユーザー数が4人以下の場合、1人あたり1TBのみがご利用可能となります。また、Enterprise Essentialsでは、同一組織で25TBまでとなります。

  Frontline Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
Enterprise
Essentials
Enterprise
Standard
Enterprise
Plus
Googleドライブ 2GB 30GB 2TB 5TB 1TB 5TB 5TB

まずは無料トライアルから!

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)