Google Meetを録画するには、どのような方法があるのでしょうか。この記事では、Google Meetを使用した会議の録画方法や、データの保存先、録画できない場合の対処方法について解説します。

Google Workspace正規代理店のTSクラウドでは、最大13%割引で提供しております。割引には条件もございますので、価格表をご覧いただくか、お問い合わせから見積り依頼をお願い致します。他社様からの契約乗り換えにも対応しています。

TSクラウドに見積依頼をする

Google Meetの録画機能を使うには、有料プランの契約が必要

Google Meetには無料プランと有料プランが存在し、最大参加者数や利用できる機能が異なります。録画機能を使用するには、有料プランの契約が必要です。

録画機能を使用できるエディション

Google Meetの録画機能が使用できるエディションを、表にまとめました。

  無料アカウント Business Starter Business Standard Business Plus Enterprise Essentials Enterprise Standard Enterprise Plus
録画機能 × ×
Google公式価格(月額) 680円 1,360円 2,040円 (お問い合わせ下さい) (お問い合わせ下さい) (お問い合わせ下さい)
TSクラウド価格(月額) 590円~ 1,200円~ 1,800円~ 1,000円~ 2,000円~ 3,000円~

無料のエディションでは、録画機能を使用できません。また、有料エディションであっても、「Business Starter」は使用不可となりますので、ご注意ください。

有料プランではWeb会議を時間制限なく、24時間連続して行うことができますが、録画可能な時間は、最長8時間です。

関連記事:Google Meetの有料版とは?無料版との違いや使い方を解説

録画機能の無料期間は終了

新型コロナウイルス感染症の拡大によってテレワークが増加した社会的背景を受け、録画に対応していないエディションでも、Google Meetの録画機能を無料で利用できる期間がありました(2020年9月30日まで)。現在は、サービスを終了しています。

Google Meetの録画方法

Google Meetを使用した会議を録画する方法について説明します。

①会議に参加する

Google Meetには、「Googleアプリ」「Googleカレンダー」「Gmail」から参加が可能です。いずれかの方法で会議に参加してください。

②録画を開始する

Google Meetの録画を開始できるのは、Google Workspaceの管理者から許可を受けた「会議の主催者」もしくは「主催者と同じ組織に属しているユーザー」です。

画面右下のアクティビティアイコンから「録画」を選択し、「録画を開始」をクリックします。録画に対するアラートが表示されたら、「開始」を選択してください。

録画を開始する

録画が開始されると、画面の左上に「REC」と表示されます。他の参加者には、録画の開始が通知されます。

録画されるのは、発言中の参加者と固定されている画面です。それ以外の参加者やその他のウィンドウは録画されません。

③録画を終了する

Google Meetの録画を終了するには、録画開始時と同様に画面右下のアクティビティアイコンから「録画」を選択し、「録画を停止」をクリックします

録画を終了する

参加者全員が会議から退出した場合にも、録画は停止します。

Google Meetの録画の保存方法

Google Meetで録画したデータの保存方法を説明します。

保存先は「Googleドライブ」

Google Meetで録画された映像データとチャット情報は、主催者の「マイドライブ」内にある、「Meet Recordings」フォルダに自動で保存されます。ファイル形式は「.SBVファイル」です。会議の主催者と録画の実行者には、データのリンクURLがメールで通知されます。

録画データが保存先にない場合

Google Meetでの録画が終了すると録画ファイルの生成が開始されますが、アップロードには多少の時間を要します。準備ができ次第、会議の主催者と録画の実行者にメールが送信されるため、録画データが保存先のフォルダにない場合は、しばらく時間をおいてから確認してみてください。

Google Meetの録画データの共有方法

ドライブに保存されたGoogle Meetの録画データは、「Googleドライブ」「メールに記載されたリンク」「Googleカレンダーの予定」などの方法で共有が可能です。

Google ドライブから

Google Meetの録画データは、会議の主催者の「マイドライブ」内にある、「Meet Recordings」フォルダに保存されます。目的のファイルの「共有アイコン」を選択してユーザーに共有するか、「リンクアイコン」をクリックしてメールやチャットに貼り付けることで、録画データを共有できるようになります。

メールに記載されたリンクから

Google Meetを使用した会議の主催者と録画を開始したユーザーには、録画ファイルのリンクが記載されたメールが届きます。メール内のリンクをクリックし、「その他アイコン」から「共有」をクリックして共有したい人のユーザー名やメールアドレスを入力することで、データの共有が可能です。その他、リンクをコピーして共有することもできます。

Googleカレンダーの予定から

会議が予定されている時間にGoogle Meetの録画が開始された場合、録画データはカレンダーの予定にリンクされます。会議の主催者と同じ組織に属する参加者には、録画データへのアクセス権が自動的に付与されます。ただし、この機能はGoogleカレンダーで作成された会議でのみ利用が可能です。

Google Meetで録画できない時の対処方法

Google Meetで録画ができない場合の対処方法をまとめました。

契約プランを確認する

Google Meetの録画機能を使用できるのは、有料プランの「Business Standard」「Business Plus」「Enterprise Essentials」「Enterprise Standard」「Enterprise Plus」です。無料プランと有料プランの「Business Starter」には、録画機能がありません。

「Google Meetを起動したのに録画ボタンがない」という場合は録画機能を使用できないエディションである可能性が高いため、契約プランをご確認ください。

録画機能が有効になっているかを確認する

Google Meetで録画をするためには、Google Workspaceの管理者が録画機能を有効にしている必要があります。機能が無効になっていると録画ができないため、録画機能が有効になっているかわからない場合は、管理者に設定を確認してください。

なお、Google Workspaceの管理者は、「Google管理コンソール」の「Google Workspace」から「Google Meet」を選択し、「Meetの動画設定」の「録画」から「ユーザーに会議の録画を許可します」にチェックを入れることで、ユーザーが録画機能を利用できるようになります。

参加状況を確認する

Google Meetの録画機能を利用できるのは、「会議の主催者」と「主催者と同じ組織に属しているユーザー」です。外部からゲストで参加している場合には録画権限がないため、録画をすることはできません。

会議を録画したい場合は、録画権限のあるユーザーに録画を依頼し、会議終了後に共有してもらう必要があります。

CPUを確認する

契約プランや参加条件に問題がないにも関わらずGoogle Meetが録画できなくなった場合は、使用している端末のパワーが不足している可能性があります。「端末自体を変更する」「他のアプリケーションを閉じる」「再起動をする」などの方法を試してみてください。

Google Meetでの録画に関するよくある質問

Google Meetの録画に関して、よくある質問についてお答えします。

①録画することは参加者に通知されますか?

Google Meetで録画をすると、会議の参加者に録画の開始と停止が通知されます。そのため、参加者にバレないように録画をすることはできません。

②発言者以外の画面を録画することはできますか?

Google Meetでは発言中の参加者と固定されている画面が自動的に録画されるため、それ以外の画面は録画に反映されません。

③録画したデータは編集できますか?

録画したデータをGoogle Meet内で使用することはできません。ただし、録画したデータをダウンロードした後、動画を編集できるツールを用いれば、MP4形式などの動画ファイルとして編集・保存をすることが可能です。

④録画を忘れないように、常に自動録画の設定にできる?

会議後に「録画をし忘れた…」と気づく方もいるかもしれません。しかし現段階では、常に自動録画にしておく設定は実装されていません。

Google Meetの録画は利用条件に注意

Google Meetで録画をするためには、録画機能を利用できるプランであることや、自身が会議の主催者、もしくは主催者と同じ組織のユーザーであることなど、利用条件を満たしている必要があります。Google Meetで録画をする必要がある方は、この記事を参考に有料版のGoogle Workspaceをご検討いただければと思います。

まずは無料トライアルから!

               

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)