Google Vault
Google Vault

組織のデータ保持とeディスカバリーの支援

Google Vault

Google Vaultとは?メリット、機能、価格について紹介

Google Workspaceには、社内メールやビデオ会議、会話ログを永久に参照できる「Google Vault」機能があり、データのバックアップや監査が必要な企業には必須のツールとなっています。

Google Vaultの主な機能

データ保持

Google Vaultでは、メール・チャット、ビデオ会議録画の保持ができます。ユーザーが利用データを削除しても、ユーザーの画面上のデータのみが削除され、Vault内にデータは残ります。管理者は、設定した記録範囲内で必要なデータを取得し、エクスポートすることができます。また、必要に応じて、保存期間をカスタマイズして特定の機密データを消去し、会社のセキュリティを強化することも可能です。

データ保持
検索とエクスポート

検索とエクスポート

Google Vaultに保存されているデータは、日付やキーワードなどを設定することで、ユーザーアカウントや部門組織ごとに検索することができ、該当するコンテンツを含むファイルを取り出すことができます。さらに分析するために、検索結果をエクスポートすることができ、検索条件に一致するすべてのデータのコピーを取得できます。

検索とエクスポート

監査レポート

Google Vaultは、スタッフが保管規則を作成または編集したとき、検索を実行したとき、データをエクスポートしたときなど、ユーザー活動の完全な監査ログを提供します。データはCSV形式で書き出したり、スプレッドシートで閲覧することが可能です。また、監査レポートは、Googleの関係者や組織の管理者、ユーザーであっても、その内容を削除することは不可能であり、企業に必要な重要情報を真に保持できると言えるでしょう。

【注意】Google Vaultを含まないエディションにダウングレードした場合、またはアカウントの登録を解除した場合、30日ほどですべての監査ログが消滅します。

監査レポート

Google Vaultを利用するメリット

裁判所からの電子情報開示要請に即対応

裁判所から電子情報開示の要請があった場合、Google Vaultを通じて必要な情報を迅速に提出することができます。この情報は、監査可能であり、法的効力があり、裁判所に認められています。 Google Vaultを利用していれば、訴訟などの緊急事態に対応しやすくなります。

低コストでリスクを回避できる

Google Vaultは、Business Plus以上で利用できる機能で、低コストで電子的な情報を収集することが可能です。また、Vaultはクラウド型サービスなので、導入時に追加のソフトウェアをインスストールする必要はありません。サービスの運営・管理はGoogleが行うため、利用中の保存や追加料金の支払いが不要です。

Google Vaultに追加料金はかかりますか?

このサービスは、Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plusの各エディションに追加費用なしで含まれています。また、現時点では、他のエディションでGoogle Vaultを別途購入することはできません。

Google Vaultを利用できるエディション

  Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
Enterprise
Essentials
Enterprise
Standard
Enterprise
Plus
Google Vault

まずは無料トライアルから!

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

050-1748-5071  (平日10:00-16:00)