Google Workspaceのエディションの選び方

Google Workspaceのエディション、
どれを選ぶ?

300名未満の契約をする場合、3つのエディションから選択することができます。Business Starter、Business Standard、Business Plusのうち、どのエディションを購入すれば良いか迷っている方もいるかと思います。そんな方に向けて情報提供させていただきます。

Business Starterを購入するだけで充分ですか?

Business StandardやBusiness Plusには、Business Starterにはない機能が含まれているので、まずはStarterで充分かどうかを検討してみてはいかがでしょうか。
Business StandardやBusiness Plusに含まれる高機能の中に、貴社にとって必要不可欠な機能がある場合は、StandardやPlusのどちらかを選択してください。

以下では、Business Starterでは利用できない機能を3つ紹介します。エディションの選択の際の参考としてみてください。

Businessプランの詳細を比較した記事もありますので、こちらも是非ご覧ください。
関連記事:Google WorkspaceのBusiness StarterとStandardを比較。料金や機能の違いと選定の注意点。

Business Starterには存在しない3つの機能

Google Vault

Google Vault

Google Vault機能を使用することにより、企業は電子メール、クラウドのハードドライブファイル、Google Meetのビデオコンテンツを長期間保持したりエクスポートしたりすることができます。また、将来の法的訴訟などの万が一の事態に備えて記録を保持することもできます。この機能は、Business Plusで利用可能です。

TSクラウドの見解
Google Vaultの利用目的は、単なるデータのバックアップではなく、内部監査や業務の調査にあります。リスク管理を重視する企業にとって、Google Vaultは企業のコンプライアンスコストとリスクを大幅に削減することができます。

共有ドライブ

共有ドライブ

通常のマイドライブとは異なり、共有ドライブ内のファイルは個人ではなく組織に属しています。そのため、従業員が退職してもファイルが失われることはありません。また、従業員ごとに異なるアクセス権限を設定することもできます。

TSクラウドの見解
Business Starterでは、Googleドライブのファイル所有権が従業員個人にありますが、StandardやPlusでは、部署やチーム単位でファイルを管理できます。StandardやPlusの方が、ファイル管理を安心して行えるでしょう。

クラウドサーチ

クラウドサーチ

この検索機能を使用することで、Googleドライブ上のファイルやメール、カレンダーなど、企業ドメイン内のデータを素早く検索することができます。もちろん、検索結果には検索者が閲覧許可を得ているものしか表示されず、閲覧許可を得ていないファイルは検索結果に表示されません。

TSクラウドの見解
ドライブ内のファイルやメールデータが増えてくると、いくら整理しても特定のファイルやメールを探し出すのに苦労することがあります。そんな時に、このサーチ機能がとても便利です。

Google Workspaceは、いつでもアップグレード可能

Business Starterを選んだ後に、「Standardの方が良かったかも…」と思うこともあるかもしれません。Google Workspaceは年間契約・月間契約のどちらであっても、いつでもアップグレードが可能ですので、ご安心ください。

また、Web制作会社やデザイン会社など、画像や動画ファイルを大量に保存する必要がある企業の場合は、ストレージ容量が2TBあるBusiness Standardから始めることをおすすめします。


お問い合わせ

不明点などがありましたら、是非お問い合わせフォームからご連絡ください。
Google Workspaceのエキスパートが対応させていただきます。
電話での対応も可能です。TEL:050-1748-5071(平日10:00-16:00)
お問い合わせフォーム