Google Workspaceが日本政府が今後調達する”安全な”クラウドサービスのリストに登録

「Google Workspace」のセキュリティが、情報処理推進機構に認められた

日本政府が調達する民間企業が展開するクラウドサービスについて、セキュリティーを担保しながらスムーズな導入ができるようにする「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP、イスマップ)」が2021年3月12日に始まりました。ISMAPの運用を行う情報処理推進機構は、審査を経て登録した10個のクラウドサービスのリストを公開し、「Google Workspace」もその1つとして登録されました。

今回登録されたクラウドサービスから、日本政府はサービス選定をすることが原則とされるため、「Google Workspace」のセキュリティに日本政府がお墨付きを与えたと捉えても問題ないと考えています。

登録された10個のクラウドサービス一覧

サービス名 事業者名
OpenCanvas(IaaS) 株式会社NTTデータ
FUJITSU Hybrid IT Service FJclouD 富士通株式会社
Apigee Edge Google LLC
Google Cloud Platform Google LLC
Google Workspace Google LLC
Salesforce Services 株式会社セールスフォース・ドットコム
Heroku Services 株式会社セールスフォース・ドットコム
Amazon Web Services Amazon Web Services,Inc.
NEC Cloud laaS 日本電気株式会社
KDDIクラウドプラットフォームサービス KDDI株式会社

※登録日順
※最終更新日:2021年3月12日
※四半期ごとにリストは更新される
※参考:ISMAP: ISMAPクラウドサービスリスト(情報処理推進機構)

政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)とは?

政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)は、民間企業が運営するクラウドサービスの情報セキュリティー対策などを、事前に評価し登録する制度です。指定された監査機関が、当該クラウドサービスが政府のセキュリティー要求を満たすかどうかを監査します。今後、各府省庁は原則として登録リストの中から調達することになります。

お問い合わせ

不明点などがありましたら、是非お問い合わせフォームからご連絡ください。
Google Workspaceのエキスパートが対応させていただきます。
電話での対応も可能です。TEL:050-1748-5071(平日10:00-16:00)
お問い合わせフォーム