「G Suiteで会議設備100万円以上削減、店舗はPOSパソコンでクラウドファイルを開くことが可能」

概要

台湾全土に店舗を持つ小売業である日教組は、G Suiteを導入し、店舗管理や社内コミュニケーションにクラウドツールを活用しています。 ベンダーや店舗とのビデオ会議にハングアウトを使用することで、会議用機材が100万円以上節約でき、ブラウザを開くためにGoogleスプレッドシートを使用することで、POSコンピュータのハードウェア資源を節約することができました。

基本的な顧客情報

会社名 Nikkyo Honpo Co.
会社概要 1号店は台北駅前のBreezeにオープンし、日本製・日本メーカーの化粧品を中心に販売し、医療品は台湾で認証を受けた日本製を中心に扱っています。 医療・医薬関連製品および台湾からの輸入品は、台湾の主要代理店を通じて調達しており、台湾で入手できない製品は日本から直接輸入しています。品質とファッション性を重視した、より健康的な商品を台湾の皆様にお届けしたいと考えています。 今後は、日本製品を現地にいながらにして購入できるよう、市場を拡大していきます。
業界 医薬品・化粧品・洗剤の小売業
会社の規模 100人以上
導入時期 2016年
店長の蘇さん

導入の結果

導入前 導入後
海外に行くと郵便物を受け取れないので、代理人を雇うことになる。 海外でも携帯電話でGmailが読め、メールも受信できる
テレビ会議機器のコストとメンテナンスが高い 安定した接続が可能なハングアウトビデオ会議、ノートパソコンやタブレット端末での遠隔会議
会議室のペーパーブッキングの登録が管理しきれず、面倒くさい Googleカレンダーによる会議室の一元管理、シンプルで明快な操作性

Google Worksapceのメリット

Gmail Enterpriseは海外でもメールの送受信が可能なので、旅行代理店は必要ない

これまで日工組では、簡易的なメールサーバーシステムを利用していましたが、社内ネットワークに接続されていない状態ではメールの送受信ができず、業務終了後に急なメールの送受信が必要なスタッフにとって非常に不便でした。 また、緊急の場合はすぐに対応できず、代理店に依頼して返信する必要があったそうです。 そこで、スタッフ全員が慣れ親しんでいるGmailに切り替えることにしたのですが、インターネットに接続していればメールの送受信が可能で、海外にいても携帯電話のアカウントでログインして即座に返信ができるようになりました。 また、Gmail Enterpriseは、スパムや異常なファイルを自動的にフィルタリングするため、コンピュータポイズニングのリスクを軽減し、システムの維持コストを削減することができます。

POSは、Webページを開くことでファイルを利用でき、Googleスプレッドシートが自動的にデータを同期する。

台湾全土に多くの店舗を持つ日本の製薬会社の本社では、多くの行政命令や表示規制を店舗に伝えることがあります。 従来、本社から発行された書類を閲覧するためには、各店舗のパソコンに事務用ソフトをインストールする必要があり、高度なハードウェアが必要で、簡易なPOS機を導入している店舗では使い勝手が悪いこともありました。 しかし、G Suiteに切り替えてからは、ブラウザでWebページを開くだけでクラウドドライブ上のデータにアクセスできるため、ハードウェアリソースの消耗が少なくなりました。 また、従来はメールでファイルをやり取りして、最新版のファイルを受け取っているか確認する必要がありましたが、Googleスプレッドシートはすべての変更点を自動的に同期するため、お店が間違った古いバージョンの情報を見ることを防ぎ、バージョン確認の時間を短縮することができます。

South Centralの店舗とのビデオ会議にHangoutsを使用することで、会議設備にかかる費用を100万ドル以上削減

日経ストアでは商品数が多いため、新商品の特徴や仕様を紹介するためにパートナー企業が本社に来るのに時間がかかり、その情報をショップに伝えるために遠隔ビデオ会議が必要になっています。 過去には、100万円以上の設備投資をして音声会議システムを導入していましたが、メンテナンスが大変で修理代もかかり、持ち運びも大変だったため、G Suiteのハングアウトを使ってビデオ会議を行うことにしました。 機器のメンテナンスに余分な費用をかける必要がないことに加え、他の通信ソフトに比べて接続が安定していてスムーズなため、画像や音声が途切れることがなく、サウスセントラル店では重要な情報を見逃すことがないと、蘇氏は非常に満足しています。

Googleカレンダーでオフィスのリソースを管理し、会議室や出張の予約を容易にする

G Suite導入以前は、会議室の利用が必要な場合、交換機に紙の予約を登録する必要がありましたが、紙の予約では会議室の利用状況に対応できず、同僚が同じ時間帯を予約していた場合、交換機に手配を依頼しなければならず、多くの時間がかかっていました。 G Suiteに切り替えた後、Googleカレンダーは社内オフィスをリソースとして設定し、同僚がオンラインで直接予約でき、会議室ですでに予約されている時間帯は自動的に除外されるので、同時予約の必要がなく、調整と手配でスイッチボードを煩わせることがなくなります。 また、携帯電話でGoogleカレンダーを開いておけば、外出先でもお互いの共有カレンダーを確認できるので、誰が外出しているか、誰が会議をしているかがわかり、連絡や確認の時間を大幅に短縮することができます。

担当スタッフの感想

G Suiteをオフィスに導入してからの使用感を惜しげもなく披露してくれたSu氏に感謝します。 従来のThunderboltホスティング環境と比較して、全体的なコスト削減やインターフェース操作の容易さ、G Suiteがもたらす強力なC/Pバリューなど、大きく異なるクラウドオフィス環境を同僚に提供することができます。 このような体験をお客さまに提供したいと考えています。 また、社内の強力なIT部門を活用し、同僚がオフィス環境でG Suiteをより効果的に使用できるよう支援し、G Suiteの価値を実証してくれたことを嬉しく思っています。

携帯電話のGoogleカレンダーを使って、同僚のスケジュールをリアルタイムで見る方法を紹介しているところ

まずは無料トライアルから!

Google Workspaceにご興味のある方、ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう