オフィス業務のクラウド化

Google Workspace

オフィス業務のクラウド化 Google Workspace

場所やデバイスに関わらず、いつでもオフィス業務を可能に

Google Workspaceは、Googleの提供するクラウド型のサービスです。

  • スパムを効果的にブロックするGmail
  • ワンクリックでWeb会議を開始できるMeet
  • 部門ごと個人ごとに権限を割り当てられるGoogleドライブ
  • 複数のユーザーが同時に共同作業ができるGoogleドキュメント、スプレッドシート
など、オフィス業務に必要な機能を全て備えており、いつでもどこでもどんなデバイスでも業務を行うことができます。

以下のような課題はありませんか?

  • 既存のメールサーバに障害が発生し、復旧の間社員全員の業務が止まってしまう。
  • オフィスにいないと社内情報にアクセスできない、VPNでの接続が必要
  • マイクロソフトOfficeやWindowsのライセンス費用を払い続けている
  • 現在社内にビデオ会議のシステムがなく、高額な設備投資が必要

成功への3つのポイント

Google Workspaceを導入すれば、企業が持つ課題を解決できます。

企業が必要とするメール、Web会議、クラウドストレージ、ドキュメントなどすべての機能が、全て含まれています。

外出先でも自宅でも、インターネットさえ接続できればGoogleクラウド上の社内の情報にアクセス可能。VPNを使用して社内ネットワークに接続する必要もありません。

ITの専門知識がなくても簡単に導入可能。導入後はメンテナンスやアップグレードの必要もありません。

ポイント1

企業のメール、Web会議、ドキュメント編集ツールをワンパッケージで提供

最も基本的な機能であるGmailは各アカウント毎に30GBの容量を備えており、必要に合わせて増やすこともできます。コロナウィルスの流行により爆発的にニーズが増大したGoogle Meetは、ワンクリックでWeb会議を開始することができます。

Officeに代わる各ドキュメント機能も充実しており、自社ドメインでの運用が可能です。全ての機能がライセンス内にまとめられており、会議設備の費用やマイクロソフトオフィスのライセンス費用を節約することができます。

また、オンプレミス運用に伴うハードウェア費用と、それに伴うサーバールームのコスト(光熱費、温度管理、スペース)に、多くの固定費を費やしていませんか?Google Workspaceは、ライセンスを購入するだけでオフィスのニーズをすべて満たすことができるクラウド上のオフィスシステムです。

Google Workspace は、ライセンスを購入するだけでオフィスのニーズをすべて満たすことができるクラウド上のオフィスシステムです。

ポイント2

専門のITスタッフがいなくてもバックエンド管理が可能

サーバの管理やメンテナンスにスタッフやSIベンダは不要、一般スタッフでもバックエンドの管理が可能です。

IT担当者がいない中小企業でも、導入や運用について心配する必要はありません。Google Workspaceの管理インターフェースは、直感的で使いやすく、ITの専門知識を持たないスタッフでもシステム管理者になることができます。

セキュリティについて詳しくなくとも、Googleが全世界に持っているデータセンターは99.9%の正常稼働を保証しているだけでなく、ハッキング対策や、すべてのデータの暗号化など、高い安全性を備えていますので、安心してください。担当者はサーバーの故障やセキュリティ対策の仕事から解放され、より生産性の高い仕事に集中することができます。

メンテナンス人員不要、専門知識がないスタッフでも管理が可能

ポイント3

社内外に関係なく、すぐに必要な情報にアクセスして業務ができる環境

Google Workspaceには、Micorosft Officeの代わりになるドキュメントツールがすべて揃っています。文書やスプレッドシートはクラウド上に自動で保存されるため、手動で保存する必要がなくなります。PCにトラブルがあっても、ファイルが消えてしまうことはありません。同一ファイルを複数人が同時に編集することもでき、アウトプットまでの時間を短縮できます。

リモートワークや外出先での作業が必要な場合、インターネットに接続されていれば、場所に関係なくいつでも文書を読んだり編集したりすることができます。仕事をするために会社に戻ったりVPNで社内ネットワークに接続する必要はありません。インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどこでも仕事環境にアクセスできます。

場所やデバイスに制限されず、オフィスからすぐにアクセスでき、社内ネットワークに接続しなくても万全のセキュリティ

この製品は私の会社に適していますか?

適している企業
社員がどこからでもスムーズに働ける環境が必要
メールの送受信だけでなくWeb会議やコラボレーション機能も必要
Microsoft以外のツールも導入する文化がある
中国でGoogle Workspaceを使う必要性が無い
適さない会社
従業員が仕事をするためにオフィスにいる必要がある
単純なメール送受信のみが必要で他の機能は必要ない
Microsoft Officeしか使いたくない
中国でGoogle Workspaceを使用する必要がある

導入への4つのステップ

現状と必要な機能のヒアリング

電話、メール、Web会議を通じて、貴社のニーズと現在の使用環境をヒアリングさせてください。

初期見積もりと提案

いただいた要件を元に、担当者からプランのご提案とお見積りを提出いたします。

データ移行テスト

既存のメールデータなど、ご自身で移行することが難しい場合は、弊社エンジニアがテスト環境を構築し、問題なく移行できることを確認した後に、移行費用をお見積りに追加します。

環境設定とメール配送の切り替え

使用開始前に環境設定とメールサーバーの切り替えを行います。弊社のサポートが必要な場合は、リモートで作業を代行します。

価格

アカウント費用

590円/ユーザー数/月

Google Workspaceには複数のエディションがあり、機能や容量、価格が異なります。上記の価格は最もベーシックなエディションのアカウント料金です。

初期設定の代行(オプション)

50,000円

Google Workspaceの初期導入には、管理画面の設定、ユーザーの作成、ドメインの検証、DNSサーバのMX切り替えなどの設定が必要です。代行も行っていますのでお問い合わせ下さい。

トレーニング動画(オプション)

35,000円

ユーザー向けと管理者向けのトレーニング動画コースをご用意しています。何度でも繰り返し見ることができ、導入後に入社した新規ユーザーや管理者も自主学習が可能になり、教育担当者の負担を軽減します。

運用管理代行(オプション)

基本料金15,000円+(ユーザー数×880円) /月

ユーザーの追加や削除、パスワードの変更や再設定、管理コンソールの設定など、貴社のGoogle Workspace担当者様の日常業務の代行もできます。

Google Workspaceに関するより詳細な情報はこちらから